Site icon TechWire24

2028年までの航空宇宙材料の市場規模、シェア、トレンド、機会分析予測レポート

techwire24.com

techwire24.com

世界の 航空宇宙材料市場は 2021 年に 375 億米ドルと評価され、航空宇宙材料産業は予測期間中に 8.5% の CAGR で 2028 年までに 611 億米ドルの価値に達すると予測されています。

航空宇宙材料とは、航空機の OEM や部品メーカーが多くの航空機部品を製造するために使用する材料を指します。航空機の設計に使用される材料は常に進化しています。最初のフライトはトウヒでできており、アッシュ材とモスリンが翼を覆っていましたが、今日の旅客機はほとんどがアルミニウムでできており、下部構造は鋼でできています。アルミニウムは軽量で、特に他の複合材料と比較して比較的低コストであるため、航空機に効果的な最新機能を提供します。

世界の航空宇宙材料市場の拡大の主な要因は、新しい航空機の需要の増加、技術の変化、航空機の大型化、および高い交換率です。

航空機の製造には、複合材料、アルミニウム合金、チタン合金などの材料が使用されます。しかし、新しい近代的な航空機の世界での複合材料とチタン合金の使用の拡大により、今後これらの材料の需要が増加すると予想されます。いくつかの航空宇宙材料プロバイダーは、センサーを複合材料に組み込むことによるスマート複合材料の作成で注目されています。

ナノセルロースなどの新しいファイバーは、ファイバー直径が非常に小さいマイクロフィブリル化セルロースで構成されているため、ファイバーブラッググレーティングセンサーを埋め込んで内部歪みを測定できます。この最新のテクノロジーは、センサーに近い材料への損傷を検出するのに役立ちます。

航空機でのスマート複合材料の使用は、材料の応力や損傷に関連する警告を材料が発するため、航空機と乗客の安全を向上させます。航空宇宙材料産業の成長により、IoT 対応のセンシング デバイスの技術を航空機の機能、コンポーネント、およびボディにまで拡張することが必要になっています。

航空宇宙材料市場のサンプルレポートをリクエスト@ https://www.vantagemarketresearch.com/aerospace-materials-market-1963/request-sample

航空宇宙材料市場の主要プレーヤーのリスト

航空宇宙材料市場のダイナミクス

航空宇宙材料市場のドライバー

航空宇宙材料市場セグメンテーション

航空宇宙材料市場の制約

航空宇宙材料市場の地域分析

Ethylene Market

Toothbrush Market

Licorice Extract Powder Market

L-Alanine Market

お問い合わせ

電子メール:  sales@vantagemarketresearch.com

Exit mobile version