化粧品顔料市場

化粧品顔料市場は、2022年から2028年まで8.1%のCAGRで成長すると推定されています

VMRVMR
Nov 5, 2023 - 00:44
 118
化粧品顔料市場
化粧品顔料市場

化粧品顔料市場は、2022年から2028年まで8.1%のCAGRで成長すると推定されています

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界の化粧品顔料市場は、 2021年に5億8,690万米ドルを占めました。

顔用化粧品、リップ製品、アイ用品、ネイル製品、ヘアカラー製品などを含む多くの分野でのその用途の多様性により、化粧用顔料の世界市場が押し上げられています。さらに、このクラスの長寿命、耐久性、防水性も人気の主な要因です。推定によると、化粧品製造部門の拡大により、予測期間を通じて市場で最も高い成長が見られるのはフェイシャルメイクアップ部門であると見込まれています。市場の拡大を促進するその他の理由には次のようなものがあります。

  • 消費者の購買力の増大。
  • 移り変わるファッショントレンド。
  • 全体的な美しさを高める方法への意識。

化粧品顔料市場の 成長に影響を与える主な要因 

世界の化粧品顔料市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。

  1. 化粧品およびパーソナルケア市場における製品の多様性に伴い、消費者の自然な肌の色合いを補う化粧品に対する欲求が高まっています。化粧品や美容製品に対する需要が急速に高まっているため、化粧用顔料の使用が促進されています。
  2. 化粧品用顔料の需要は、消費者の外観を改善し、見栄えを良くする能力により、来年増加すると予測されています。
  3. 今後数年間で、業界はオーガニック製品や天然製品を使用する傾向から大きな恩恵を受けるでしょう。
  4. 人口の高齢化と若々しい外観を維持したいという欲求の高まりは、化粧品顔料市場の成長の重要な要因です。グルーミングおよびスキンケア施設の世界的なチェーンは継続的に拡大しており、この傾向は化粧品顔料市場の強力な推進力として現れるでしょう。
  5. 発展途上国での人々の可処分所得の増加に伴い、発展途上国で作られた化粧品の需要は増加すると予想されています。
  6. ファッションおよびエンターテインメント産業の拡大により、消費者の需要が増加し、世界の化粧品顔料市場に利益をもたらします。
  7. 製品メーカーは、顔料分散などの最先端の方法や技術をより頻繁に使用することで、世界市場での地位を高める可能性があります。さらに、化粧品用顔料の需要は、主要利害関係者の製造会社への投資拡大によって支えられると考えられます。

一方で、顔料の製造とその高い金属含有量を規制する厳しい法律が市場の拡大を妨げる可能性があります。

アジア太平洋地域が市場をリード

アジア太平洋地域 予測期間中、化粧品顔料市場は最も成長すると予想されます。アジア太平洋市場は、消費者の生活水準の向上、若々しい外観の維持への関心、セルフグルーミングに関する知識の高まりによって牽引されています。主要企業も、人件費が低く、安価な原材料が入手しやすいため、中国、インドネシア、インドに製造拠点を移しています。消費者の豊かさの向上とライフスタイルの変化により、アジア太平洋地域の2つの発展途上国である中国とインドも化粧品顔料市場の急速な拡大が見込まれています。

結論

化粧品顔料市場全体は、パーソナルケアおよびグルーミング製品における化粧品顔料の使用の増加から恩恵を受けています。

世界の化粧品顔料市場の主要企業には、BASF SE(ドイツ)、Sensient Technologies(米国)、Sudarshan Chemicals(インド)、Huntsman International LLC(米国)、Lanxess(ドイツ)、Sun Chemical(日本)、Koelが含まれます。 Colors Private Limited (インド)、Nelikon Food Dyes & Chemicals Limited (インド)、Merck (米国)、LI Pigments (米国) など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。