Press "Enter" to skip to content

労働党、「封建的」借地権制度の廃止を強行採決へ

L

アボーール氏は、借地権廃止に関する政府の公約を骨抜きにすることを「スキャンダル」と称し、借地権の廃止に関する採決を強行する予定だ。

マイケル・ゴーブ住宅長官は先週、借地権制度を廃止する計画を撤回するとの報道を認めたようだ。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です