直交集成材(Clt)市場規模、2030年までに35億米ドルを超える

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界の直交集成材(clt)市場は2022年に12億米ドルを占め、2030年までに35億米ドルの価値に達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 4, 2023 - 16:19
 10
直交集成材(Clt)市場規模、2030年までに35億米ドルを超える
世界の直交集成材(clt)市場

世界の直交集成材(clt)市場

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界の直交集成材(clt)市場は2022年に12億米ドルを占め、2030年までに35億米ドルの価値に達すると予測されています

直交集成木材(clt)は、建設業界に革命をもたらす革新的な人工木材製品です。CLTは、木製パネルを直角に何層にも重ね、接着剤で接着し、高圧でプレスして作られます。これにより、軽量で持続可能で、優れた断熱特性を備えた、強くて安定した建築材料が得られます。環境に優しく、再生可能で、炭素排出量が少ない、持続可能な建設資材への需要が高まっています。CLT は二酸化炭素排出量が低く、エネルギー効率が高く、リサイクルの可能性があるため、持続可能な建設に最適な材料です。

さらに、持続可能な建築材料に対する世界的な需要の増加により、CLT市場は大幅な成長を遂げています。CLT は、その適応性、持続可能性、低コストにより、住宅、商業、施設、産業などのさまざまな建設用途に最適です。CLT 市場は、規制によるサポート、革新的な設計能力、持続可能な建設手法の採用増加により、継続的な成長が見込まれています。CLT は、持続可能な材料に対する需要が高まるにつれて、建設業界の増大するニーズを満たす上で重要な役割を果たすことになります。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

直交集成材(clt)市場の成長に影響を与える主な要因

世界の直交集成木材(clt)市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。

  1. CLTは、再生可能な木材資源から作られた持続可能な建築材料です。コンクリートや鋼鉄などの従来の建築材料よりも二酸化炭素排出量が低くなります。持続可能な建設慣行への注目の高まりにより、CLT の需要が高まることが予想されます。
  2. CLT は軽量であるため、従来の建築材料に比べてコスト面での利点があり、輸送コストや基礎コストが削減されます。さらに、プレハブ機能により、より迅速な建設が可能になり、人件費とプロジェクト全体のスケジュールが削減されます。この費用対効果により、CLT は建設者や開発者にとって魅力的な選択肢となります。
  3. CLT は構造安定性と強度に優れているため、住宅、商業、産業用建物などの幅広い用途に適しています。寸法安定性と高い耐荷重能力により、高層ビルや地震の多い地域に最適です。
  4. 世界中の多くの政府が、持続可能な開発を促進するために木材建築資材の使用を推進しています。政府は建設業界での CLT の採用を促進するために奨励金や補助金を提供しています。政府からのこの支援は、CLT市場の成長を促進すると予想されます。
  5. 世界の人口は急速に都市化が進んでおり、住宅および商業用建物の需要が増加しています。CLT は、都市部で増大する住宅需要を満たすための持続可能で効率的なソリューションを提供し、建設業界における CLT の需要を促進します。

ヨーロッパ地域が最大の市場成長を示す

ヨーロッパ市場は、2022 年に最も大きな市場成長が見込まれると考えられています。ヨーロッパは CLT 業界の最前線にあり、多くの国が需要に応えるために製造施設を開発しています。Wood for Good のレポートによると、ヨーロッパの CLT 生産能力は過去 5 年間で 50% 以上増加しており、今後も増加すると予想されています。持続可能な構造に対する需要の高まり、建設の容易さ、好ましい建築材料としての木材の受け入れの広がりが、この事業の拡大を推進しています。

北米は、予測期間中に最も急速に成長する地域になると予想されます。この成長にはいくつかの要因が考えられます。まず、持続可能で環境に優しい建設手法への傾向が高まっています。CLT は再生可能な木材資源から作られており、コンクリートやスチールなどの従来の建築材料よりも二酸化炭素排出量が低くなります。また、二酸化炭素を隔離し、温室効果ガス排出量の削減にも貢献します。建設業界では持続可能性が重要な考慮事項となる中、CLT は従来の材料に代わる魅力的な選択肢を提供します。

結論

建設業界における CLT の人気の高まりは、その持続可能性、構造的耐久性、設計の柔軟性、費用対効果など、いくつかの重要な要因によって推進されています。これらの重要な推進要因を念頭に置くと、ますます多くの建設業者や開発者が建設プロジェクトの実行可能な選択肢として CLT に目を向けるようになっていることは驚くべきことではありません。持続可能で長持ちし、費用対効果の高い建築手法を求める人々にとって主要な建築材料として、当社は今後数年間で CLT 市場の成長を続けるでしょう。

世界の直交集成木材(clt)市場の主要企業には、Stora Enso(フィンランド)、Mayr Melnhof Holz Holding AG(オーストリア)、Binderholz GmbH(オーストリア)、Xlam Ltd.(オーストラリア)、Sterling Company(米国)が含まれます。 、Schilliger Holz AG(スイス)、KLH Massivholz GmbH(オーストリア)、B&K Structures(英国)、Eugen Decker Holzindustrie KG(ドイツ)、Structurlam Mass Timber Corporation(カナダ)、Smartlam NA(米国)など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。