環境発電システム市場

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界の環境発電システム市場は、 2022年に5,162億米ドルを占め 、 7.2%のCAGRで2030年までに8,398億1,000万米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 5, 2023 - 01:04
 48
環境発電システム市場
世界の環境発電システム市場

世界の環境発電システム市場

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界の環境発電システム市場は、 2022年に5,162億米ドルを占め 、 7.2%のCAGRで2030年までに8,398億1,000万米ドルに達すると予測されています。

この市場の成長を促す重要な要因は、農村地域でのエナジーハーベスティングシステム(EHS)の採用の増加、安全で電力効率が高く耐久性のあるエネルギーシステムへの関心の高まり、グリーンエネルギートレンドの拡大、および政府による好ましい取り組みです。さらに、海洋環境発電の採用の増加やウェアラブルエレクトロニクスにおけるセンサーの使用の増加などの要因は、環境発電システム市場で活動する市場プレーヤーに大きな成長の機会を提供します。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

エナジーハーベスティング システムは、産業用途、建築、ホーム オートメーション、家庭用電化製品、ウェアラブル デバイスなど、さまざまな用途に使用されています。太陽エネルギーハーベスティング技術は、振動、熱、RF などの他のエネルギー源よりも多くの電力を生成するため、エネルギーハーベスティングの需要が増加しています。さらに、デバイスの充電に外部電力が不要であること、より多くのエネルギーが生成されること、無駄が少ないこと、機器の稼働時間が増加することなど、環境発電にはさまざまな推進要因があります。これらの要因により、メンテナンスコストが削減され、全体的な運用コストが節約され、環境発電システムの採用が拡大し、市場の成長がサポートされます。

IoTの隆盛により、ワイヤレスセンサーとエネルギー効率の高い自律システムのニーズが世界的に高まっています。したがって、これにより効率的な環境発電システムの需要が拡大し、バッテリー充電の必要性が減り、全体的なコストが削減されます。この傾向により、エネルギー駆動の家庭用電子機器が復活し、環境発電システムの使用が世界中で奨励されています。特に、Consumers International 組織と同様に、モノのインターネット (IoT) を通じて、約 40 億人が接続されたデバイスのネットワークに接続しました。

環境発電システム市場の成長に影響を与える主な要因

世界の環境発電システム市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。 

  1. 電力効率が高く安全で、メンテナンスが大幅に少なくて済む、耐久性のあるシステムの市場が成長しています。
  2. ハウスオートメーションやさまざまな国で採用されているグリーンテクノロジーにより、ワイヤレスセンサーネットワークの採用が増加しています。
  3. とりわけ、マシンツーマシン (M2M) 通信が市場を牽引すると予想されています。 
  4. 米国は、発電や環境発電などの分野でエネルギー効率の高いソリューションを世界中でいち早く導入している国の一つです。
  5. このエネルギーを捕捉して電気エネルギーに変換するシステムは有益です。環境発電システムにおけるさまざまな研究開発活動がこの市場の成長につながっています。

北米地域が市場をリード

北米地域は、環境発電システム市場で最大の世界シェアを保持しています。米国は、建物や家電製品への環境発電システムの導入増加により、この地域で優勢な国となっています。この地域では、再生可能資源を使用したエネルギー生成も増加しています。この国では工業部門と自動車部門が成長しています。

これらすべての要因が総合的に考えて、米国が最大の環境発電システム市場として浮上しました。さらに、特にヨーロッパでの太陽光発電の採用の増加により、環境発電システム市場の需要が増加しています。 

炭素排出量を削減し、家庭用電化製品の採用を増やすための政府の取り組みは、アジア太平洋地域のエナジーハーベスティングシステム市場の成長の原動力となっています。ただし、ラテンアメリカと中東地域では、再生可能エネルギー源を採用することにより、環境発電システム市場が緩やかに成長すると予想されます。

過去数年にわたって、北米のビルディングおよびホーム オートメーション アプリケーションでは、自己給電型ワイヤレス テクノロジが注目を集めてきました。その結果、前例のない成長が起こり、最先端のエネルギー効率の高いワイヤレス技術が時代遅れの技術に完全に置き換わることが可能になりました。

成長を加速させるもう 1 つの要因は、ビルディング オートメーション アプリケーションに簡単に適合する自己給電型ワイヤレス モジュールの適合性です。これらのモジュールに電力を供給する電源は、ハンドルを回す、ボタンを押す、小さな太陽電池などの動作によって生成されます。

結論

安全で電力効率が高く耐久性のあるエネルギーに対する需要の高まりにより、エナジーハーベスティングシステム市場の売上高が増加しています。

世界のエネルギーハーベスティングシステム市場の主要プレーヤーには、Cymbet Corporation (米国)、Cedrat Technologies (サンクトペテルブルク)、Tekceleo (オースティン)、ZF Friedrichshafen AG (ドイツ)、Advanced Linear Devices Inc (米国) などが含まれます。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。