抗菌プラスチック市場規模は2030年までに711億米ドルを超える

当社の広範なレポートに記載されているように、世界の抗菌プラスチック市場は2022 年に 418 億米ドルを占め、2030 年までに 711 億米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 4, 2023 - 23:15
 11
抗菌プラスチック市場規模は2030年までに711億米ドルを超える
世界の抗菌プラスチック市場

世界の抗菌プラスチック市場

当社の広範なレポートに記載されているように、世界の抗菌プラスチック市場は2022 年に 418 億米ドルを占め、2030 年までに 711 億米ドルに達すると予測されています。

抗菌プラスチック市場は近年大幅な成長を遂げています。抗菌プラスチックは、微生物の増殖を抑制することができる材料です。そのため、医療、包装、消費財、建築や建設など、清潔さと衛生が重要なさまざまな用途での使用に最適です。医療関連感染症 (HAI) は、抗菌プラスチック市場の成長を推進する主要な要因の 1 つです。HAI は、患者が病院で治療を受けている間に感染する感染症です。これらの感染症は、重大な罹患率、死亡率、医療費の増加につながる可能性があるため、最大の懸念事項です。HAI のリスクを軽減するには、医療環境における細菌やその他の微生物の発生と伝播を阻止する抗菌ポリマーが不可欠です。

さらに、世界的なプラスチック廃棄物は重大かつ差し迫った懸念を引き起こしています。毎日約800万個のプラスチック製品が海にあると推定されています。この汚染の注目すべき部分、約 14% は飲料容器のみに起因すると考えられています。再利用可能なプラスチックカップに抗菌添加剤を組み込むことは、この問題の軽減に大きく貢献する可能性があります。廃棄物汚染の管理は多面的な課題であり、さまざまな戦略が必要です。バイオプラスチックの採用は、より重大な問題に対処するための 1 つの潜在的な手段となります。この重要な問題に役立つもう 1 つの最先端のアプローチは、抗菌ポリマーです。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

世界の抗菌プラスチック市場の成長に影響を与える主要な要因

世界の抗菌プラスチック市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。

  1. さまざまな細菌やウイルスの感染拡大に対する懸念が高まっているため、プラスチックを含む抗菌製品の需要が高まっています。これらのプラスチックは微生物の増殖を抑制することができるため、医療機器、包装、消費財などのさまざまな用途での使用に最適です。
  2. 抗菌プラスチックの市場は、特に医療分野が急速に拡大している新興国で急速に成長しています。これらのプラスチックは、医療関連感染のリスクを軽減するために、医療機器、病院の家具、その他の医療製品に広く使用されています。医療インフラへの投資の増加と患者の安全性の重視の高まりにより、抗菌プラスチックの市場は拡大すると予想されています。
  3. 食中毒や食品汚染に対する意識の高まりにより、抗菌包装材料の需要が高まっています。抗菌プラスチックは、食品包装の表面での細菌やその他の微生物の増殖を効果的に防止し、食品の保存寿命を延ばします。食品および飲料業界における抗菌ポリマーの市場は、包装食品の需要の高まりと食品安全法への注目の高まりにより、急速に発展すると予想されています。
  4. 高度な抗菌技術の開発と製造プロセスの継続的な改善により、抗菌プラスチックの応用可能性が拡大しました。メーカーは、過酷な環境に耐え、さまざまな病原体から効果的に保護できる、耐久性があり長持ちする抗菌プラスチックの開発に重点を置いています。こうした技術開発により、抗菌プラスチックの市場は拡大すると予測されています。
  5. 抗菌プラスチックは、ヘルスケアや食品包装のほかに、自動車、消費財、建設など、他のさまざまな業界でも使用されることが増えています。たとえば、抗菌プラスチックは細菌の増殖や臭いを防ぐために自動車の内装に使用されています。建設業界では、パイプ、床材、水と接触する表面などの製品に使用されています。これらの業界における抗菌プラスチックの応用拡大は、市場の成長に貢献します。

アジア太平洋地域が最大の市場成長を示す

アジア太平洋地域は、主に主要な消費財、食品および飲料、自動車分野の生産レベルの増加によって世界市場での優位性を主張してきました。この生産量の急増により、抗菌プラスチックの需要が大幅に増加すると予想されます。さらに、インド、インドネシア、韓国、ベトナムなどのアジア太平洋諸国のヘルスケア分野に注目すべき投資が集中しています。地域では医療費の高騰と高齢者人口の急増に対応し、医療インフラの強化が積極的に進められています。

ヘルスケアに加えて、アジア太平洋地域はエレクトロニクス産業への多額の投資を惹きつけており、中国、インド、韓国、日本などの国々でエレクトロニクス製造が大幅に成長しています。この成長により、特に電子用途において抗菌プラスチックの需要が促進される見込みです。さらに、アジア太平洋地域は、世界の包装業界の中で最も急速な拡大を経験すると予想されています。中国やインドなど、この業界をリードする国がこの増加を主導しており、電子商取引の成長、オンライン食品配達の増加、継続的なイノベーション、パッケージングの進歩などによって促進されています。

結論

全体として、さまざまな業界での抗菌プラスチックの使用の拡大、抗菌プラスチックの生産の進歩、衛生と感染制御に対する意識の高まり、医療施設の拡大、食品の安全性と包装に対する需要の高まり、医療施設の数の増加が、環境を制御する重要な変数です。抗菌プラスチック市場の発展。

世界の抗菌プラスチック市場の主要企業には、BASF SE(ドイツ)、Dow Inc.(米国)、Clariant AG(スイス)、Parcx Materials NV(オランダ)、Ray Products Company Inc.(米国)、COVESTRO AG(ドイツ)、King Plastic Corporation(米国)、Palram Industries Ltd.(インド)、SANITIZED AG(スイス)など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。