再利用可能なウォーターボトルの市場規模は2030年までに115億米ドルを超える

当社の広範なレポートに記載されているように、世界の再利用可能なウォーターボトル市場は、2022 年に 83 億米ドルを占め、2030 年までに 115 億米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 5, 2023 - 00:06
 13
再利用可能なウォーターボトルの市場規模は2030年までに115億米ドルを超える
世界の再利用可能なウォーターボトル市場

世界の再利用可能なウォーターボトル市場

当社の広範なレポートに記載されているように、世界の再利用可能なウォーターボトル市場は、2022 年に 83 億米ドルを占め、2030 年までに 115 億米ドルに達すると予測されています。

水ボトルは、水やその他の飲料などのさまざまな液体を入れる容器として機能し、廃棄物の最小化、コストの削減、健康の保護などを主な目的としています。再利用可能なウォーターボトルを使用すると、廃棄物の削減、経済的節約、健康保護、環境保全など、さまざまな目的に役立ちます。このボトルは繰り返し利用できるため、廃棄物が大幅に削減され、環境保全活動をリードする製品となっています。さらに、ステンレススチールボトルには永久保証が付いているため、長期間の使用と大幅な金銭的節約が保証されます。さらに、低品質のプラスチックは環境だけでなく私たちの健康にもリスクをもたらします。対照的に、非プラスチックの再利用可能なボトルは、プラスチックの使用量を減らし、標準以下のプラスチック容器によく見られる有害な化学物質への曝露を防ぐのに役立ちます。

交通手段の進歩と労働文化の変化により、州間または国間を移動する個人の数が増加し、再利用可能なボトルに対する需要が高まっています。この需要の高まりは、人々が旅行中の水や飲料の消費に備え付けのボトルを信頼することに消極的であることに起因しています。2017 年 7 月のフォーブス誌のレポートによると、世界のペットボトルの購入率は毎分 100 万本に達しており、残念なことに、これらのプラスチックの 91% はリサイクルされていません。再利用可能なボトルの需要増加のもう 1 つの重要な要因は、スポーツ産業の拡大です。これらのボトルは、アスリートやスポーツファンが競技や練習セッション中に水分補給を保つために使用します。さらに、スポーツ当局はアスリートが消費する水や飲料の品質を優先しており、スポーツ業界は市場の成長を推進する極めて重要な力となっています。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

世界の再利用可能なウォーターボトル市場の成長に影響を与える主要な要因

世界の再利用可能なウォーターボトル市場の成長は、次の要因に起因する可能性があります。

  1. 使い捨てプラスチック汚染とその環境への影響に対する懸念が高まる中、消費者は使い捨てウォーターボトルを含む廃棄物を削減する必要性をより意識するようになってきています。再利用可能なウォーターボトルは持続可能な代替品を提供し、これらの製品の需要の増加につながります。
  2. 世界中の政府は、ウォーターボトルを含む使い捨てプラスチックの使用を阻止するための規制や取り組みを実施しています。これらの取り組みには、ペットボトルに対する税金、使い捨てプラスチックの禁止、再利用可能な代替品の使用に対する奨励金が含まれており、再利用可能なウォーターボトル市場の成長に貢献しています。
  3. 消費者は健康への意識が高まるにつれ、一日を通して水分補給を保つための便利な方法を求めています。再利用可能なウォーターボトルは、持ち運びに便利なソリューションを提供し、消費者が使い捨てのペットボトルに頼らずに水分補給のニーズを満たすことができます。
  4. ステンレス鋼、ガラス、BPAフリーのプラスチックなど、再利用可能なウォーターボトル用の革新的で耐久性のある素材が入手可能になったことで、消費者の選択肢が広がり、再利用可能なボトルの魅力が高まりました。これらの材料は、より優れた断熱性、耐久性、美的魅力を備えており、消費者の間で好まれる選択肢となっています。
  5. ハイキング、サイクリング、ジムでのトレーニングなどのフィットネスやアウトドア アクティビティの人気の高まりにより、再利用可能なウォーター ボトルの需要が高まっています。これらのボトルは、耐久性、漏れ防止設計、一体型ストローやシッパー蓋などの機能を備えており、アクティブなライフスタイルに適しています。
  6. 再利用可能なウォーターボトルは、企業や団体にとって人気の販促アイテムとなっています。この傾向の結果、ブランド化およびパーソナライズされたウォーターボトルの開発により、市場の拡大が加速しました。消費者は、独自のデザインや機能でウォーターボトルをカスタマイズできることも高く評価しています。
  7. 再利用可能なウォーターボトルは初期投資が必要ですが、長期的には使い捨てのペットボトルよりも費用対効果が高くなります。消費者は、再利用可能なウォーターボトルを使用することの経済的メリットを認識しており、喜んで切り替えようとしています。

アジア太平洋地域が最大の市場成長を示す

アジア太平洋地域の市場は、2022 年に最も大きな市場成長が見込まれると考えられています。アジア太平洋地域の多くの政府は、プラスチックゴミを削減するための政策やプログラムを導入しています。たとえば、中国、インド、日本などの国は、使い捨てプラスチックを禁止または制限しています。これらの措置は、再利用可能なウォーターボトル市場の成長に有利な条件を生み出しました。さらに、アジアにおける急速な都市化とライフスタイルの変化により、外出先での消費が増加しています。これにより、再利用可能なウォーターボトルなど、持ち運びに便利な水分補給ソリューションの需要が高まっています。さらに、西洋文化や健康志向の影響もこの市場の成長に貢献しています。さらに、アジア太平洋地域の消費者は健康意識を高めており、より健康的なライフスタイルを取り入れています。飲料水は健康を維持するために不可欠な部分であると考えられています。再利用可能なウォーターボトルは、BPAフリーの構造で、飲み物を冷たくまたは温かく保つ機能を備えており、ペットボトルや他の使い捨て容器のより良い代替品です。

結論

全体として、環境問題、政府の法律、健康の良心、パーソナライゼーションの可能性、ブランド戦略、ソーシャルメディアの影響力、テクノロジーの進歩に関する消費者の知識の増加はすべて、再利用可能なウォーターボトルの市場拡大につながる要因です。

世界の再利用可能なウォーターボトル市場の主要プレーヤーには、CamelBak Products LLC (米国)、BRITA GmbH (ドイツ)、Klean Kanteen Inc. (米国)、Tupperware Brands Corporation (米国)、Contigo (米国)、SIGG Switzerland AG (スイス)、Aquasana Inc.(米国)、Bulletin Brands Inc.(米国)、Thermos LLC(米国)など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。