すぐに飲めるカクテル市場規模は2030年までに23億米ドルを超える

当社の広範なレポートに記載されているように、世界のレディトゥドリンクカクテル市場は2022年に8億米ドルを占め、2030年までに23億米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 5, 2023 - 00:11
 6
すぐに飲めるカクテル市場規模は2030年までに23億米ドルを超える
世界のレディトゥドリンクカクテル市場

世界のレディトゥドリンクカクテル市場

当社の広範なレポートに記載されているように、世界のレディトゥドリンクカクテル市場は2022年に8億米ドルを占め、2030年までに23億米ドルに達すると予測されています

すぐに飲めるカクテル市場は近年大幅な成長を遂げています。Ready to Drink カクテルは、缶またはボトルからすぐに飲める便利な事前混合アルコール飲料です。これらのカクテルは通常、スピリッツ、ミキサー、その他の材料を組み合わせて作られ、マルガリータ、モヒート、コスモポリタンなどの古典的なカクテルを含むさまざまなフレーバーがあります。

家庭での娯楽や社交的な集まりの人気の高まりも、すぐに飲めるカクテル市場の成長に貢献しています。消費者は自宅でパーティーやイベントを主催することが増えており、ゲストにサービスを提供するための迅速かつ簡単なソリューションを求めています。Ready to Drink カクテルは利便性、一貫性、多様性を備えており、ホストにとって魅力的な選択肢となっています。

さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、そのまま飲めるカクテル市場の成長がさらに加速しました。バーやレストランの閉店や社交的な集まりの制限により、消費者は自宅での消費に目を向けている。Ready to Drink カクテルは、自宅で快適にバー品質のカクテルを楽しみたい消費者の間で人気の選択肢となっています。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

世界のレディトゥドリンクカクテル市場の成長に影響を与える主要な要因

世界のレディトゥドリンクカクテル市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。

  1. Ready to Drink カクテルの利便性は、成長を促進する重要な要素の 1 つです。これらのプレミックスおよびプレパッケージ飲料を使用すると、消費者は高度な準備やミクソロジーのスキルがなくても、お気に入りのカクテルを楽しむことができます。外出先や社交的な集まり、さらには自宅でもいつでも摂取できるため、幅広い消費者にとって魅力的です。
  2. ミレニアル世代と Z 世代の消費者は、便利で体験的な製品をますます求めています。Ready to Drink カクテルは、専門的な知識や器具を必要とせずに、優れたカクテルを手軽に楽しめる方法を提供するため、この傾向に当てはまります。これらの消費者は、Ready to Drink カクテルが提供するさまざまなフレーバーやユニークな組み合わせにも魅力を感じています。
  3. プレミアム化の傾向は、レディトゥドリンクカクテル市場のもう1つの重要な成長要因です。多くのブランドは、高級蒸留酒と材料を使用して、高品質のクラフトスタイルのすぐに飲めるカクテルを作ることに重点を置いています。これにより、消費者はバーに行ったり、高価な蒸留酒やミキサーに投資したりすることなく、洗練されたカクテル体験を楽しむことができます。
  4. フィットネスと健康をより重視するため、多くの消費者は従来のカクテルに代わる低カロリー、低糖の代替品を探しています。Ready to Drink カクテルは、天然のフレーバーと材料を使用し、低カロリー、低糖のオプションを提供することでこの傾向に適応しています。これは、より健康的な選択肢のカクテルを楽しみたいと願う健康志向の消費者を魅了しています。
  5. eコマースとオンライン小売チャネルの台頭も、そのまま飲めるカクテル市場の成長に貢献しています。消費者は、オンラインでさまざまなすぐに飲めるカクテルを簡単に閲覧して購入でき、多くの場合、宅配オプションも利用できます。この利便性の要因により、そのまま飲めるカクテルの市場範囲と入手しやすさが大幅に拡大しました。
  6. 効果的なマーケティングおよびブランディング戦略は、そのまま飲めるカクテル市場の成長に重要な役割を果たしています。多くのブランドが、消費者の共感を呼ぶ強力なアイデンティティと魅力的なパッケージデザインを生み出してきました。創造的で人目を引くマーケティング キャンペーンも、この分野の認知度を高め、成長を促進するのに役立ちました。

北米地域が最大の市場成長を示す

北米市場は、2022 年に最も大きな市場成長を遂げると考えられています。この拡大は、消費者の需要の変化、利便性、イノベーション、および新型コロナウイルス感染症のパンデミックによるものと考えられます。消費者は便利な事前にミックスされたカクテルを求め、自宅でバー体験を再現したいと考えており、市場は今後数年間で成長すると予想されています。さらに、消費者は、追加の材料や準備をせずに摂取しやすい飲料をますます求めています。Ready to Drink カクテルは、あらかじめ混合されてすぐに飲める状態で提供されるため、消費者が飲み物を混ぜる必要がなく、便利なソリューションを提供します。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最も急速に成長する地域になると予想されます。社交飲酒の増加傾向も、アジア太平洋地域のレディトゥドリンクカクテル市場の成長に貢献しています。社交や外食の人気が高まる中、消費者は社交的な集まりに合わせて楽しいアルコール飲料を求めています。Ready to Drink カクテルは、パーティー、イベント、または友人とのカジュアルな集まりでお気に入りのカクテルを楽しむための便利で手間のかからないオプションを消費者に提供します。

結論

結論として、家庭での娯楽の人気の高まり、新型コロナウイルス感染症流行の影響、製品提供の革新、および電子商取引の出現はすべて、すぐに飲めるカクテル市場の拡大に貢献しています。新しいフレーバーやバリエーション、その利便性と品質の継続的な導入により、Ready to Drink カクテルは今後も消費者の間で人気の選択肢であり続けると予想されます。

世界のレディトゥドリンクカクテル市場の主要企業には、The Absolut Company (スウェーデン)、House of Delola LLC (スペイン)、Diageo PLC (英国)、Brown-Forman (米国)、Bacardi Limited (キューバ)、Asahi が含まれます。グループホールディングス株式会社(日本)、ペルノ・リカール(フランス)、ヘイルウッド・ワインズ&スピリッツ(イギリス)、上海バッカス酒類有限公司(中国)他。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。