ラベルフリー検出市場規模は2030年までに10億5,840万米ドルを超える

当社の広範なレポートに記載されているように、世界のラベルフリー検出市場は、2022 年に 5 億 4,020 万米ドルを占め、2030 年までに 10 億 5,840 万米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 6, 2023 - 17:23
 8
ラベルフリー検出市場規模は2030年までに10億5,840万米ドルを超える
世界のラベルフリー検出市場

世界のラベルフリー検出市場

当社の広範なレポートに記載されているように、世界のラベルフリー検出市場は、2022 年に 5 億 4,020 万米ドルを占め、2030 年までに 10 億 5,840 万米ドルに達すると予測されています。

ラベルフリー技術は、リガンドの自然な構造と生物学的機能を維持することにより、多大な利点をもたらします。さらに、合成的に修飾されたリガンドよりも生理学的に関連性の高い、根底にある生物学についての洞察を研究者に提供します。このテクノロジーにより、研究者はエンドポイントの結果のみを生み出す独創的な方法を通じて分析を行うことができます。対照的に、標識されたアプローチには外来要素が導入されるリスクがあり、対象の生体分子が不活性化されたり、相互作用能力が低下したりする可能性があります。ラベルフリー検出の利点に対する認識が拡大し続けるにつれて、メーカーは感度とスループットの最前線を積極的に前進させています。

セミナーを開催し、ラベルフリー検出方法を採用する利点に関するエンドユーザーの認識を高めるための政府と民間団体の協力的な取り組みは、市場の成長を促進すると予想されます。さらに、革新的なラベルフリー検出技術を開拓する企業による継続的な取り組みは、市場拡大の原動力となるでしょう。逆に、ラベルフリー検出に関連する多額の設備コストが市場の成長を妨げる可能性があります。さらに、エンドユーザー間の専門知識の不足と、ラベルフリー検出技術のさまざまな利点に関する認識の不足が、市場拡大の障壁となる可能性があります。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

世界のラベルフリー検出市場の成長に影響を与える主要な要因

世界のラベルフリー検出市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。

  1. ラベルフリー検出法は、創薬および開発のために製薬業界で非常に人気を得ています。標識やタグを使用せずに分子相互作用をリアルタイムで解析することで、ハイスループットのスクリーニングと効率的な薬剤候補の選択が可能になりました。たとえば、主要なラベルフリー検出システムである Biacore は、薬剤候補と標的分子の間の相互作用の速度論的分析に広く使用されており、潜在的な薬剤候補の同定を可能にします。
  2. タンパク質とその相互作用の研究を含むプロテオミクス研究には、感度が高く正確な検出方法が必要です。ラベルフリー検出技術は、タンパク質相互作用のリアルタイム測定を提供し、研究者がタンパク質の機能と疾患におけるその役割について貴重な洞察を得ることができるようにします。たとえば、Meso Scale Discovery (MSD) は、タンパク質分析用のラベルフリーの電気化学発光プラットフォームを提供しています。この技術により、タンパク質バイオマーカーの高感度かつ多重検出が可能になり、プロテオミクス研究をサポートします。
  3. 個別化医療への移行には、高度な診断ツールと技術の開発が必要です。ラベルフリー検出法は、患者サンプル中のバイオマーカーを特定および定量するためにますます使用されており、個別化された治療戦略の開発が容易になります。たとえば、Quanterix の Simoa プラットフォームは、タンパク質バイオマーカーの超高感度検出にデジタルイムノアッセイ技術を利用しています。このラベルフリーのアプローチにより、患者サンプル中の微量タンパク質の検出が可能になり、疾患の早期診断とモニタリングに役立ちます。
  4. 学術研究者は、その多用途性、手頃な価格、使いやすさにより、ラベルフリー検出法を使用することが増えています。これらの技術は、分子生物学、細胞生物学、生化学などのさまざまなアプリケーションをサポートし、市場の成長を推進します。たとえば、BiOptix SPR プラットフォームなどの表面プラズモン共鳴 (SPR) テクノロジーは、分子相互作用のラベルフリー分析のための学術研究で広く採用されています。これにより、研究者はさまざまな生体分子相互作用をリアルタイムで研究できるようになり、科学の進歩に貢献します。

北米地域が最大の市場成長を示す

北米は、主にこの地域における技術の進歩と多額の政府投資によって推進され、世界のラベルフリー検出市場で重要な地位を占めています。病気の有病率の上昇と創薬の取り組みの拡大が、この地域の市場の成長をさらに推進しています。注目すべきことに、国立臨床試験登録簿 (NCT) の報告によると、2021 年には米国だけで約 121,690 件の臨床研究が登録されました。さらに、製薬会社と学術機関との連携、製薬企業やバイオテクノロジー企業が関与する数多くのパートナーシップが市場の拡大に大きく貢献すると予想されます。

アジア太平洋地域は、予測期間中に最大の CAGR で拡大すると予測されています。中国やインドなどの国々を含むアジアは、最も高い成長率が予測され、目覚ましい成長を遂げる準備が整っています。さまざまな業界における厳しい規制基準の結果、この地域ではサンプル分析と品質管理に不可欠な機器の需要が増加しています。さらに、特に中国では、実験室インフラへの投資が注目を集めています。医療分野におけるイノベーションを促進する政府主導の取り組みは、地域市場の拡大を促進すると期待されています。注目すべきは、2022年に中国が研究開発支出で米国を上回り、研究開発投資に占める中国のシェアがさらに拡大したことだ。

結論

結論として、個別化医療への関心の高まり、プロテオミクス研究の改善、創薬需要の高まり、学術研究におけるラベルフリーアプローチの使用の増加により、ラベルフリー検出の市場は大幅に拡大しています。これらの成長要因は、ラベルフリー検出テクノロジーのさまざまな例と、さまざまな業界でのそのアプリケーションによってサポートされています。

世界のラベルフリー検出市場の主要企業には、Medtronic PLC (アイルランド)、Koninklijke Philips NV (オランダ)、Bruker Corporation (米国)、Corning Incorporated (米国)、Sartorius AG (ドイツ)、Cytiva (Danaher Corporation) が含まれます。 (米国)、堀場製作所(日本)、ニコヤライフサイエンス(カナダ)、マルバーンパナリティカル(英国)など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。