オーガニックコーヒーマーケット

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界のオーガニックコーヒー市場は2022年に89億米ドル を占め 、 CAGR 18.3%で2030年までに288億米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 4, 2023 - 22:40
 118
オーガニックコーヒーマーケット
世界のオーガニックコーヒー市場

世界のオーガニックコーヒー市場

私たちの広範なレポートに記載されているように、世界のオーガニックコーヒー市場は2022年に89億米ドル を占め 、 CAGR 18.3%で2030年までに288億米ドルに達すると予測されています。

世界中でオーガニック食品や飲料がもたらす利点に対する意識の高まりにより、市場の拡大が加速しています。オーガニックコーヒーには、減量、コレステロールの低下、免疫力の向上、癌のリスクの軽減、神経障害の回避に効果があることが実証されています。また、人体にすでに存在する危険なフリーラジカルを安定化し、広範な細胞の劣化を防ぐことが知られています。健康上の利点と、ミレニアル世代の新たな外出先でのコーヒー志向も、オーガニック コーヒーの需要を押し上げています。また、ソーシャルメディアプラットフォームや新聞、テレビ、インターネットなどの従来のメディアでのプロモーション活動の増加のおかげで、オーガニック食品を食べることの利点が広く宣伝されています。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

さらに、オーガニックコーヒーは、ビーガンのベーカリーや菓子製品、パーソナルケア用品などでより頻繁に使用されています。西洋文化の急速な導入と個人の健康意識の高まりの結果、新興地域の若年層はオーガニックコーヒーなどのより健康的な飲料を志向するようになってきています。また、独創的なオーガニックコーヒーや、コールドコーヒー、カフェラテ、カプチーノなどのコーヒー関連品種の開発により、より幅広い顧客層を獲得しています。今後数年間、これらの要因が業界を刺激し続けると予想されます。

世界のオーガニックコーヒー市場の成長に影響を与える要因

世界のオーガニックコーヒー市場の成長は次の要因によるものと考えられます。

  1. 消費者の意識の向上: 顧客は自分の決定が環境にどのような影響を与えるかについてより認識するようになり、コーヒーを含め、責任を持って有機的に生産された製品に対してより多くのお金を払うようになります。
  2. コーヒー生産者とその地域社会の福利に対する消費者の懸念により、フェアトレードコーヒーの需要が高まり、消費者はより多くのお金を払っても構わないと考えています。
  3. 政府の制限: 世界中の政府が持続可能で環境に優しい農業手法の採用を奨励する法律を制定しており、これによりオーガニックコーヒー市場が拡大しています。
  4. 供給制限: オーガニックコーヒーの生産には、従来のコーヒーの生産よりも多くの時間、労力、リソースが必要であり、コーヒーの量には限りがあります。この希少性により、価格が上昇し、オーガニックコーヒーの需要が拡大する可能性があります。
  5. 健康への利点: 非オーガニックコーヒーには潜在的に有害な化学物質が含まれていないため、オーガニックコーヒーは従来の方法で栽培されたコーヒーよりも健康的であると言われています。オーガニックコーヒーの需要は、この健康上の利点によって促進されています。
  6. 顧客のコーヒー消費習慣がよりスペシャルティコーヒーやプレミアムコーヒーを含むように変化するにつれて、オーガニックで持続可能な方法で生産されたコーヒーに対する消費者の関心が高まっています。

予測期間を通じて、有機コーヒー市場の拡大が抑制されるのは、合成化学物質を使用して作られた通常のコーヒーと比較して、有機コーヒーに関連する製造コストが高いためです。予測される期間にわたって、代替製品の入手可能性もオーガニックコーヒー市場の成長を制限するでしょう。

北米地域が世界市場を席巻すると予想される

オーガニックコーヒー市場は北米が大半を占めていますが、その主な理由は、この地域の膨大な消費者基盤と、持続可能なオーガニック商品に対する高い需要によるものです。オーガニックコーヒーの主な市場には、健康的なライフスタイル、環境への懸念、倫理的な調達への関心の高まりにより、米国とカナダが含まれます。この地域には、オーガニック コーヒー業界に多くの著名な参加者がいます。この地域には、クラフト ハインツ カンパニー、スターバックス コーポレーション、アレグロ コーヒー カンパニー、キューリグ ドクター ペッパー インクなど、オーガニック コーヒー業界で数多くの有名企業が拠点を置いています。

ラテンアメリカのオーガニックコーヒー市場も、この地域の良好な気候条件、オーガニック生産に対する政府の支援、環境に優しく持続可能な商品に対する消費者の需要の高まりにより、近年拡大しています。

結論

オーガニックコーヒーの需要は、健康と環境に対する消費者の関心の高まり、オーガニックコーヒーの方が健康に良いという考え、持続可能な農法の採用、フェアトレードなど、多くの要因により高まっています。顧客は、食事の決定が環境や健康に及ぼす影響をより懸念するようになり、より持続可能でより健康的な代替品としてオーガニック コーヒーに群がるようになっています。オーガニックコーヒー市場の成長は、コーヒー生産者が顧客の需要の変化に適応し、社会的および環境的責任を促進する持続可能な農法を使用するチャンスをもたらします。

世界のオーガニックコーヒー市場における著名なプレーヤーには、ネスレSA(スイス)、クラフトハインツカンパニー(米国)、スターバックスコーポレーション(米国)、ジムズオーガニックコーヒー(米国)、FSグルメプライベートリミテッド(インド)、ウェッサネン(オランダ)など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。