イソプロピルアルコール市場

詳細なレポートに記載されているとおり。世界のイソプロピル アルコール市場は、2022 年に 25 億米ドルに達します。 2030 年までに 7.5% の CAGR で 41 億 4,000 万米ドルに達すると予測されています。

VMRVMR
Nov 27, 2023 - 21:12
 18
イソプロピルアルコール市場
世界のイソプロピルアルコール市場

世界のイソプロピルアルコール市場

詳細なレポートに記載されているとおり。世界のイソプロピル アルコール市場は、2022 年に  25 億米ドルに達します。 2030 年までに 7.5% の CAGR で 41 億 4,000 万米ドルに達すると予測されています。

イソプロピルアルコール (IPA) は、抗菌特性を持つプロピルアルコールの異性体です。これは無色透明の液体で、変性アルコールや、洗浄、消毒、手指消毒剤などの一般的な家庭用品の主成分です。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを巡る不確実性による健康への懸念の高まりは、調査対象の製薬部門に大きなプラスの影響を与えており、それは特に手指消毒剤の売上に反映されています。この要因により、イソプロピルアルコールの需要がさらに増加し​​ました。

クリックして調査研究の無料サンプルを入手してください

可処分所得の増加、人口増加、急速な都市化、経済成長、消費者のライフスタイルの変化は、イソプロピルアルコール市場をプラスに推進する要因です。これらの要因は、医薬品、塗料およびコーティング、自動車、化粧品などのさまざまな下流産業の成長を促進しており、予測期間中のイソプロピルアルコール市場の需要を推進しています。また、動植物油、ワックス、樹脂、香料、脂肪、ビタミンなどの天然物の精製や抽出にも使用されており、市場の拡大が加速しています。

これらは、グローバルな {keyword}} 市場の成長を推進するために考慮する必要がある主な要因です。しかし、世界のイソプロピル アルコール市場にとって、引火性が高く臭気が強いため、健康上の懸念が課題となっています。高度な製造技術により、業界はより高い収率を達成し、高純度グレードの生産を可能にし、イソプロピル アルコール市場の成長を促進しています。

イソプロピルアルコール市場の成長に影響を与える主な要因

世界のイソプロピルアルコール市場の成長は、次のことに起因する可能性があります。

  1. 可処分所得の増加、人口増加、急速な都市化、経済成長、消費者のライフスタイルの変化は、イソプロピルアルコール市場をプラスに推進する要因です。
  2. 医薬品部門はイソプロピル アルコールのエンド ユーザーです。アルコール綿棒や外科用ワイプには推定 70% のイソプロピル アルコールが使用されています。手の消毒剤や耳や耳の消毒剤にも含まれています。目薬。口腔うがい薬にはイソプロピルアルコールも含まれています。
  3. イソプロピル アルコール市場の成長は、その消毒特性によるイソプロピル アルコールの需要の増加によるものです。
  4. 新製品の発売は、今後 5 年間で市場参加者に有利な機会をもたらす可能性があります。
  5. 高度な製造技術により、業界はより高い収率を達成し、イソプロピルアルコール市場の発展を促進する高純度の製品を生産できるようになりました。
  6. インド、米国、ドイツなどのいくつかの国は近年、医薬品への支出を増やしており、API市場を押し上げています。たとえば、全インド化学者・薬剤師機構によると、インドの医薬品市場は2022年8月に12.1%成長しました。
  7. イソプロピル アルコール市場で収益性の高い機会を生み出すための電動モビリティへの移行。

アジア太平洋地域が市場をリード 

イソプロピル アルコールの地域的な動きは、最近の業界動向とコロナウイルス発生後の各国の経済回復に左右される可能性があります。アジア太平洋地域が市場全体を支配しています。化学産業への投資やこの地域での化粧品や医薬品の需要の増加などの要因が、イソプロピルアルコール市場の成長を推進すると予想されます。また、インドには世界最大の塗料およびコーティング産業があります。アジア太平洋地域での住宅活動の活況は、塗料、コーティング、IPA 業界に前向きなシグナルを送っています。中国は世界で第 2 位の医薬品市場です。同国の医薬品売上高は、2022年までに1,750億ドルに達すると予想されている。消毒剤とパーソナルケア製品の消費量が最も多かった地域はヨーロッパで、2020年にはウイルスの流行がそれに続いた。

結論

収入の増加、人口増加、急速な都市化、経済成長、消費者のライフスタイルの変化は、イソプロピルアルコール市場全体にプラスの影響を与えています。

世界のイソプロピルアルコール市場の主要企業には、Dow Chemical(米国)、Mistral Industrial Chemicals(英国)、INEOS Corporation(英国)、ReAgent Chemicals Ltd.(米国)、Lyondell Basell Industries(オランダ)、Linde Gas(アイルランド)、エコラボ(米国)など。

あなたの反応は何ですか?

like

dislike

love

funny

angry

sad

wow

VMR Vantage Market Researchは、テクノロジー主導のテクノロジー対応市場調査会社であり、すべての調査ニーズに対応するワンストップショップとして機能します。