Press "Enter" to skip to content

フォレンジックテクノロジーの利点

フォレンジックテクノロジーは、犯罪捜査プロセスの重要な部分です。これらの技術には、自動指紋識別システム(AFIS)、DNAシーケンス、磁気指紋、および自動弾道再構成が含まれます。これらのテクノロジーの詳細については、以下をお読みください。これらのテクノロジーの利点は次のとおりです。-捜査官は容疑者をすばやく特定し、犯罪の状況を明らかにすることができます。 

自動指紋識別システム 

現在米国で使用されている自動指紋識別システム(AFIS)は、犯罪現場の調査を容易にするために手のひらと10本の指紋の指紋をスキャンしてエンコードするコンピューター化されたシステムです。AFISは、新しい指紋を数分でファイルプリントの膨大なコレクションと比較できるため、以前は不可能だった識別が可能になります。AFISは、潜在的な指紋検索の効率と有効性を改善し、公共の安全を改善し、費用と人員の両方を節約します。 

研究者たちは、潜在的な印刷の精度を向上させるためのアルゴリズムを開発しました。このツールは、指紋検査官が証拠をより効率的に処理し、最も困難な指紋により多くの時間を費やすのに役立ちます。このアルゴリズムは、パターンを認識して例を識別するようにコンピューターに教える技術である機械学習に基づいています。アルゴリズムは、31人の専門家に1から5のスケールで100個の潜在指紋を評価させることによって訓練されました。 

AFISには、オペレーターが指紋画像を強調および処理できるようにする2つのワークステーションがあります。このシステムは、高解像度のデジタルカメラ、専用のソフトウェアシステム、およびさまざまな光源を使用して、より高解像度の画像を生成します。このシステムは、オペレーターが画像に加えられた変更を追跡するのにも役立ちます。指紋画像が強調された後、システムはそれをデータベースと比較し、オペレーターに通知します。 

1970年代以降、指紋認証はますます科学的になっています。現在、ハンドヘルドスキャナーは犯罪現場の調査に利用できます。ポータブルスキャナーは、指紋をキャプチャするためのインクレスソリューションを提供します。自動指紋識別システムは、容疑者を識別し、前科を確立するための効果的なシステムです。従来の指紋分析方法とは異なり、AFISはこれまで以上に便利で正確です。 

DNAシーケンシング 

フォレンジックテクノロジーの一部としてのDNAシーケンスの目標は、危険にさらされたサンプルから可能な限り最高品質のDNAプロファイルを取得することです。大量死の調査の一環として、完全性が損なわれたサンプルから可能な限り多くの情報を抽出することが重要です。次世代シーケンシング(NGS)は、複数のサンプルを並行して処理し、完全なDNAシーケンスを提供できる強力な方法です。NGSには、少量のDNAでも優れた精度を提供するという追加の利点があります。 

しかし、証拠としてのDNAの使用には、注意が必要です。法医学者は、結果を解釈する前に、DNA検査のすべての警告を理解する必要があります。さらに、DNAの結果の解釈は複雑なプロセスであり、結果の正確性を保証する単一の政府機関はありません。法医学的DNA分析には、学際的なアプローチが必要です。したがって、専門家のチームが協力して、各ケースの正しい順序を決定する必要があります。 

法医学技術の一部としてのDNAの将来は、プロセスがどれほど費用効果が高いかにかかっています。競争は重要な要素ですが、集中化はコストを削減するための鍵です。自動化されたDNAシーケンスシステムは、エラーやサンプルの切り替えのリスクを軽減し、費用のかかる非効率的なラボの必要性を制限します。自動化により、プロセスの効率が向上し、消耗品による汚染のリスクが軽減されます。DNAシーケンスは、フォレンジックテクノロジーの一部としてより一般的になりつつありますが、フォレンジックDNAの将来は、より集中化され、地域的ではなくなる可能性があります。 

法医学技術の一部としてのDNAシーケンシングの開発は、1970年代にさかのぼります。ケンブリッジ大学の研究者は、ジデオキシシーケンシングとして知られる方法を開発しました。この方法には、比較的単純で信頼性が高く、必要な放射性化学物質や毒性化学物質が少ないという利点があります。さらに、自動化することができ、法医学的DNA分析で広く使用されています。法医学技術の一部としてのDNAシーケンシングには多くのアプリケーションがあります。 

磁気指紋 

磁気指紋は、長年にわたって法執行機関によって使用されてきた生体認証の形式です。非常に効果的かつ効率的な識別方法を提供します。この方法はオンラインデータベースを使用し、人の指紋の明確な印象を提供します。また、指紋情報のより信頼性の高いソースであり、建物や個人用デバイスで広く使用されています。磁気フィンガープリントの詳細については、その使用法とその仕組みについて詳しく読んでください。 

指紋画像が有効であるためには、粉末が細部を明らかにするのに十分なほど細かくなければなりません。より細かい粉末は、より粗い粉末よりも詳細をよりよく示すことができます。また、指紋の残留物や油に適切に接着する必要があります。また、表面に適した色である必要があります。磁気アプリケーターの使用は不可欠です。磁気指紋粉末は、プレーンブラックまたは蛍光色でご利用いただけます。粉末の画質を最高にするには、バックグラウンド蛍光が重要です。 

DNAフィンガープリントの発明は、レスター大学の生物学者であるアレックジェフリーズによって可能になりました。ジェフリーズは彼の発見をホームズ法と呼ぶことを控えたが、彼の発明は全く新しい科学分野を切り開いた。その広範なアプリケーションは、次のようなさまざまな生物学分野に適用可能であることが示されています。B.種と人類学の間の多様性研究。最初の出版以来、遺伝子指紋は社会的側面を獲得しています。 

自動指紋識別システムは、容疑者を識別する可能性を劇的に高め、犯罪捜査の実施方法を一変させました。最新のテクノロジーは、指紋を付けて潜在的な一致を数分で生成するという、時間のかかる面倒なプロセスを自動化することができます。さらに、手動のフィンガープリントよりも正確な結果を提供できます。これは、科学捜査の世界を変革しているテクノロジーの新時代です。 

自動弾道再構築 

フォレンジックテクノロジーの自動弾道再構築は、銃撃や武器犯罪の調査において法執行機関を支援する強力なツールです。このテクノロジーは、さまざまなオブジェクトから画像データを収集し、その情報を比較して接続を見つけることで機能します。これは、法執行官が新しい調査の手がかりを開発できるようにするため、銃器関連の犯罪の調査に特に役立ちます。以下は、フォレンジックテクノロジーの自動弾道再構築のいくつかの利点です。詳細については、以下をお読みください。 

法医学におけるテクノロジーの使用の増加は、この分野への投資の増加につながりました。法医学の新たな進歩は、犯罪者を捕まえるのに優れているため、法執行機関にとって有益であることが証明されています。自動化された弾道再構築技術を使用すると、捜査官はサイバー犯罪事件を含む犯罪の欠落部分を結び付けることができます。このテクノロジーは、法執行チームや捜査官が逃亡者やその他の危険な犯罪者を捕まえるのに役立ちます。 

この技術には多くの利点があります。法医学者は、犯罪被害者から物理的な証拠を入手します。これらの部品がどこから来たのかを判断するには、これらの部品の物理的な適合性を判断する必要があります。証拠の多くは壊れやすく、正確に適合しない場合があります。幸い、3Dテクノロジーの進歩により、エラー率が大幅に減少しました。法医学者は、これらのアイテムの体力に基づいて、被害者と思われる人や仲間のリストを作成できるようになりました。 

現在、市場にはいくつかの自動弾道再構築システムがあります。PyramidalTechnologiesLtdのALIASシステム。これらのデバイスの中で最も普及し、認識されています。PapillonSystemsのARSENALBallisticIdentification Systemには、高品質の2Dおよび3D画像キャプチャを提供するという利点があります。EVOFINDERのその他の利点は、手頃な価格とコンパクトなサイズです。これらの利点により、このフォレンジックツールはフィルムの場所の調査に革命をもたらします。 

クラウドフォレンジック 

クラウドベースのシステムにはフォレンジックに多くの利点がありますが、主な問題は明確な用語がないことです。多くのクラウドサービスプロバイダーは、IPログ、クライアントアクセスログ、ディスクイメージ、仮想マシンの現在の状態などのフォレンジックデータの保存を避けています。クラウドベースのシステムを使用すると、リアルタイムの監視機能も制限されます。ただし、これらの課題を軽減する方法があります。この記事では、フォレンジック調査でクラウドベースのシステムを使用する最も一般的な方法について説明します。 

まず、クラウドベースのシステムは可用性とセキュリティを優先する必要があります。データの損失を防ぐために、クラウドベースのサービスも保護する必要があります。法医学者は、証拠の収集と分析をインシデント対応チームと調整する必要があります。サードパーティプロバイダーは、クラウドベースのシステムの監査を支援して、コンプライアンスを確保し、品質を維持できます。クラウドベースのソリューションは、テクノロジーに関する知識にも貢献できます。これらのサービスはまだ初期段階ですが、まだ多くの課題があります。 

クラウドコンピューティングの出現は、テクノロジーの世界を一変させました。クラウドサービスの採用が増えるにつれ、デジタル犯罪が増加しています。しかし、詐欺の可能性が非常に高いため、クラウドフォレンジックは新しいサブフィールドとして浮上しています。クラウドフォレンジックは、クラウドベースのプラットフォームを調査し、潜在的なデジタル証拠を保存します。写真やビデオなどの証拠は法廷で使用することができます。また、新しいテクノロジーとクラウドベースのサービスにより、フォレンジックはかつてないほど重要になりました。 

クラウドコンピューティングの人気が高まるにつれ、組織はこのテクノロジーをサイバーセキュリティ戦略に組み込んでいます。従来のコンピュータフォレンジックで十分かもしれませんが、証拠を収集して攻撃者を起訴するには、クラウドフォレンジックが不可欠です。クラウドフォレンジックが実施されていない限り、クラウドベースの環境で証拠を調べて収集することは不可能であることがわかります。これは、あなたの訴訟が法廷でそれほど強力ではない可能性があることを意味します。

 

More from TechnologyMore posts in Technology »

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。