Press "Enter" to skip to content

バイデン氏:「民主主義は…を実現できる」:バイデン氏、G7サミットで低中所得国の強化について語る

広島:ジョー・バイデン米国大統領は土曜日、すべての民主主義国家は低中所得国のインフラを強化する機会と繁栄を提供できると述べた。
バイデン氏は日本の広島で開催されたG7サミットで演説し、「G7会議中、我々は気候変動、食料安全保障、男女不平等、経済的強靱性、デジタル接続性、世界安全保障といった幅広い問題に取り組んでいる。我々はこれらの問題を追跡している」と述べた。共に挑戦し、重要な進歩を遂げ始めていると思います。」
「しかし、低中所得国のインフラを強化して各国が国民に機会と繁栄を提供できるように私たちが動かなければ、私たちの影響力は限定的になってしまうでしょう。それほどこのパートナーシップは重要であり、重要なのです」私たちの投資はそうです」と彼は付け加えた。
米国大統領は、すべての発展途上国は投資を最大化する方法を見つける必要があると述べた。 同氏はさらに、特定の事業だけでなく地域全体に影響を及ぼすため、最大限の効果を発揮する必要があると述べた。 投資を最大限に活用することで、さらに多くの公的資本と民間資本を活用できるようになります。
バイデン氏はG7サミット中に「共に。民主主義が成果を出せることを示すことに改めてコミットしよう。もう一度言うが、民主主義は成果を出せる。我々は世界中の人々に成果を上げなければならない」と語った。
米国大統領は木曜日、G7サミットに出席するため広島に到着し、日本の岸田文雄首相と会談した。
これに先立ち、G7サミットに先立ち、バイデン氏は日本の広島でナレンドラ・モディ首相と会い、抱擁を交わした。
両首脳の会談は、今日後半に開催されるクアッド首脳会議の第3回首脳会談に先立って行われる。
モディ首相 岸田文雄首相の招待で、日本議長国の下でG7サミットに出席する。
一方、モディ首相は本日初め、広島でのG7サミット第6作業部会に出席するため到着した日本の岸田文雄首相の出迎えを受けた。
モディ首相は本日、日本の岸田文雄首相との二国間会談でインドと日本の関係全般を再検討した。
両首脳はまた、「地球をより良くする」に向けて、G20議長国であるインドとG7議長国である日本の重点分野についても議論した。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です